Ville Waraty 2015 イゴッ

分類

Profile

2015/11/5
グラブル
不正運営と返金騒動
2015/5/21
ネトゲ
ネトゲのWikiと個人ゲーの攻略本の話
2015/5/19
ペパクラ
フィギュアやペパクラのサイズの話
2015/5/18
ペパクラ
ペパクラモデリングと展開の話(未完)
2015/1/1
アニメ
2014年アニメグランプリ
2014/2/20
ペパクラ
ペパクラデザイナーの使い方
2014/2/17
ブラゲ
ブラゲの音量設定について
2013/7/30
ペパクラ
ペパクラの組み立て方 (更新)
2013/7/26
ペパクラ
第一回やっつけモデリング講座
2012/6/20
ペパクラ
お手軽ペパクラ化講座
2013/5/24
案内
読み物一覧

Links

Web拍手ボタン
拍手ボタン
公式(ペパクラ)
ペパクラデザイナー
公式(ゲーム)
式姫草子
式姫大全
公式(ラジオ)
A&G
音泉
アニメイトTV
radiko
個人(とっしー)
とっしー日記
個人(ペパクラ)
萌紙
ふりぃだむふぁいた
LAZY LIFE
ひろしのお遊び
しゅっちーさん
ふみえーさん
ぽちさん
VPVP wiki
フラシュ(ブラゲ)
Kongregate(ブラゲ)
投稿!クイズ道!
COMIC BLADE

ブラゲ 強制爆音ゲー作るアホはほんと頭おかしすぎる

2014/02/17

ブラウザゲーム、と言うかPCゲームは必ずゲーム内に音量調節機能を備えていなければならない。
音量調節が出来ないゲームはゲーム内容がどんなに優れていてもプレイ以前の段階でゲームとしての最低基準を満たしていないとして開始前終了である。
PCのマスター音量を弄れなんて言うのは見当違いも甚だしいアホの言うことだ。
ブラゲと言うのは動画やラジオ視聴、または他のゲームとの並行プレイ等が当たり前なのでマスター音量の調節では何も解決しない。
そもそもPCのマスター音量なんて物はそんな頻繁に弄る物では無い。
そんな当たり前のことすら分かってないクソ以下のゲームがほんと多すぎる。
なぜこんなクソ開発者ばっかりかと言うと。
TVゲームや携帯ゲームなどマスター音量さえ弄れれば構わない、シングルタスク的な環境の感覚をそのまま持ち込んでいる。
または開発中に動画やラジオなどとのながら開発やながらテストプレイを許されていない場合。
あと最も終わってる例としては開発者の「カッコいいBGM作ったよオナニー」である。
とにかくどの場合にも共通して当て嵌まるのが「ユーザーのプレイ環境を一切意識していない」と言うことである。
そんな頭のおかしい連中にゲームを作らせるな。
そしてゲームプログラム関連の本はまずこのことを何より始めに教えろ。
そんな中、まともなゲームの音量設定の例。
左上: ぱいろん、右上: アルフヘイムの魔物使い、左下:エインヘリアルII 、右下: 艦これ
常識的に考えればこれが当然である。
ブラウザゲームの音量設定
そして具体例、ブラウザゲームでの音声仕様についての判定と解説。
まずは段階的に減点法で判定。
減点合計100でゲーム終了。

1. ローディング中
加点10: ローディング中に音量調節が可能

2. ローディング後、ゲーム開始
減点70: ゲーム画面へ移行と同時に強制爆音
減点0: そもそも無音

3. チュートリアル開始
減点20: 爆音のまま強制的にチュートリアル。
減点0: チュートリアルが無い

4. チュートリアル中
減点0: チュートリアル中に音量調節が可能
減点5: チュートリアルのスキップが可能
減点200: 爆音チュートリアル中にそれ以外の操作が不可能

5. チュートリアル後
減点2000: 音量調節が不可能
減点0: 音量調節が可能

6. 音量調節の方式
悪い: BGM、SE、VOICEが一括でON/OFFのみ
悪い: BGM、SE、VOICEが個別でON/OFFのみ
悪い: BGM、SE、VOICEが個別で数段階の音量調節のみ
普通: BGM、SE、VOICEが個別で詳細に音量調節可能

解説。
1. ローディング中に音量調節が可能
まずこれが理想である。
だが本来こうであって当然であるのでこれでも加点10程度の評価にしかならない。
それでも実施はこんなゲーム100に1つも無い。
2. ローディング後
強制爆音だった時点でウインドウを閉じたくなるけどまだ一応我慢。
3. チュートリアル
オープニングムービーなども同様の扱い。
ここで音量調節が可能、もしくはスキップしてメイン画面へ移動出来ない場合は完全に終了。
前情報や見た目の印象で相当な期待を抱いていた場合のみもう少しだけ我慢。
その場合でもチュートリアルがクソ長かった場合は終了。
ブラウザゲームの音量設定
↑最悪な例の1つ、クソ長そうなチュートリアル中に他の操作が不可能になる場合
例えチュートリアル終了後に音量調節が可能であったとしても強制爆音のチュートリアルが不快すぎてこの時点で終了する。
6. 音量調節の方式
4つの内3例は微妙に違うように見えて実は全部変わらない。
BGMとSEが個別だろうが一括だろうがONとOFFだけなら全部OFFにするしか無い。
3つ目の例、5段階での音量調節が可能だった場合。
音量を下げられるように見えるがこの場合まず間違い無くONの最低音量でもうるさい。
無-小-中-大とか0-1-2-3-4-5とか小でも1でも絶対にうるさいので結局無音にするしか無い。
ブラウザゲームの音量設定
↑悪い例、ドラゴンクエスト モンスターパレードより
音、特にBGMを鳴らすと最小でもうるさすぎるのでOFFしか無い。
天下のスクエニ様ですらこの酷さである。
下請け丸投げなのかも知れんけどスクエニの名で出してるんだからそんなの関係無い。

飽きたので今日はここまで。

| ネトゲ::インタフェース論 | comments (0) | trackback (0) |


<<次の記事 前の記事>>